さらに新しい日記

さらに新しく作られた日記

Sounds like 2k17

年の瀬ですね。2017年はどんな年でしたか?私は色々やってみはしたけど、やりきったかというとちょっとわからないという煮え切らない感じでした。でも音楽関連では満点というほど充実していて、3月に STYLSS のツアーを見にシアトルまで行ったり、マルサスの晩餐にて DJ デビューをし3度の DJ 出演をして、サイコ風呂敷のレコーディングもしました。2018年はもっと DJ の出演を増やしたいと思っているので、自己紹介も兼ねての2017年リリースで印象的だった曲で mix を作ってみました。1時間程度の尺ですが、よければ聴いてみて下さい!

soundcloud.com

Tracklist

  1. Ice Cold Eyes (Anna Morgan Remix) - BLEEP BLOOP & QUARRY
  2. The King Laid Bare - The Body & Full of Hell
  3. texture - BOSSSTON CRUIZING MANIA
  4. Walk To Nowhere - Cusper
  5. Daytona 500 - Wintertime
  6. No Time - Louis Rain
  7. Perversion 'Till Death - ENDON
  8. The Birds (Rebirth) - Noer the Boy
  9. Грустная Сука - IC3PEAK
  10. Shine - chromonicci
  11. Mind Off (feat. Kudu Blue) - Cosmo's Midnight
  12. Digital Lotus Flower - Quarta330
  13. Kick Kick - Adiidas
  14. Hypnotize - Chuck Sutton ft. Triplets
  15. トビウオ (prod. uccelli) - feather shuttles forever
  16. Undercover - Kehlani

Pick up

私の2017年のキーワードは

  • アメリカ北西部
  • bounce
  • heavy

ってかんじになりそうです。bounce と heavy って真逆なんだが。両方に良さがあります。何曲かピックアップしてコメントします。

1. Ice Cold Eyes (Anna Morgan Remix) - BLEEP BLOOP & QUARRY

3月にシアトルまで行った STYLSS のパーティでこれの原曲がかかってブチ上がった思い出。

2. The King Laid Bare - The Body & Full of Hell

このコラボのツアー良かったですね。何より、 STYLSS 本拠地でありThe Body 活動地でもある Portland が今(私の中で)アツイ!!!

4. Walk To Nowhere - Cusper

9月にサイコ風呂敷で対バンした Cusper。本格的な Slowcore でシアトルのバンドって言われても謙遜ない……!!アメリカ北西部だ!!!!

5. Daytona 500 - Wintertime

この舌っ足らずなラップに気張らないトラックに2017年を感じます。Wintertime とバンド組みたい……

7. Perversion 'Till Death - ENDON

今年一番ライブ見たの ENDON ですね……トータルでデザインされたアルバム関連の諸々から目が離せなくなってしまった。宮部さんのギターヘッドに頭ぶつけて死にたい!!!

10. Shine - chromonicci

良質なバウンス系レーベル、 Treehouse を知れたのは2017年1,2位を争う収穫!

15. トビウオ (prod. uccelli) - feather shuttles forever

マルサスでも流しましたね……この曲が好きすぎることがわかります。どことなく地中海を彷彿とさせる軽やかなリズムとまろやかな歌!満点!

16. Undercover - Kehlani

2017年、友達いなさすぎてつらかったアメリカ留学から帰ってきてから10年経ちます。そのときによく聴いてた AKON の Don't matter サンプリング。控えめに言ってエグられた。

2018年は

まずは年明けの Sleep 来日公演が超楽しみです。それに3月には Conan の来日公演もあるんですよね。ブラッケンド・ヘヴィネスなシーンはますます盛り上がりそうですね。クラブ・ミュージック方面ではが引き続き気張らないトラックが気分になりそうな予感。

サイコ風呂敷のレコーディングもまだ mix が残っていますが2018年中にはお披露目できるかと。

それまで私は DJ 活動を積極的にやっていきたいと思っています。今回の mix でも意識したのですが、選曲に幅があります!ゴリゴリのバンドサウンドからオシャレビーツまでいけます!この mix はまぜこぜですが、いつものマルサスみたいに近いジャンルで1セットリスト、みたいなプレイもします。もちろん灰野敬二のコスプレも(やってよければ)やります!是非オファーください!!!

黒い服着て好きな髪色のまま結婚なのかキャリアなのかはたまた趣味なのかわからんけど最善の選択取って幸福になりたい

結論はタイトルの通りですが、パーソナルカラー診断&骨格診断に行ってきました。どうせならその道のキャリアが長く出来る限り信頼できそうな方に……と思い色々調べ、サロン・ド・ルミエールの海保先生にお願いしました。

診断結果

パーソナルカラー

f:id:tttttahiti:20171203221618j:plain

私の場合は1つの季節にぴったり当てはまるわけではなく、冬と春に似合う色が跨っているパターンでした。

  • 冬、春ともにクリアでヴィヴィッドな色が似合う
  • 冬でも暗い色や濁色は苦手
  • ベースはブルーベースで白やライトグレーの冬の色が似合う
  • ベージュやキャメルといった春のベース色は似合わない
  • ベストマッチな色は冬に多いが、マッチする色の数は春も多い
  • 黒だと強すぎるので、ネイビーをベースにした方が優しい印象になり良いのでは?
  • アクセサリーはプラチナ系が良さげ

赤、それも真っ赤が似合うというのは昔から言われていて、アクセサリーもどちらかというとシルバーがしっくり来るとなんとなく思っていたので、自己診断の冬はあながち間違いではなかったと思います。 ただ、冬なら黒を始めとした暗い色もいけるだろうと思い込んでいたところ、暗い色があまり似合わなかったのが思惑と違ったところでした。それより、イメージではなんとなく違うだろうと思って避けていた春に似合う色味が多かったのは意外でした。 冬、春を分ける上でキーになりそうなのが眉毛で、元々の眉は黒いのですが、それに合わせると冬のキリッとした感じが強く出るけれど、もし春の色味に寄せたいときは眉毛マスカラなどで眉色を柔らかくすると良いそうな。 メイクで印象を変えられるというのは季節跨りタイプの良い点なのではないかと思いました。

まあ、どうせクローゼットには黒い服しかないんですけどね!!!!!!

骨格診断

f:id:tttttahiti:20171203221900j:plain

骨格はウェーブがベースのストレートミックス、という感じだそうです。

  • 質感はやわらかめなので、やわらかく軽い素材が似合う
  • 上半身はやや平面的なので、胸元に装飾があるデザインが良い
  • 下半身はウェーブにしては立体感がややあるので、フレアー以外でも着られる。
  • 重心もウェーブにしては低くないのでウエストはジャスト位置のものを選んで問題ない
  • 色柄ものやアクセサリーは小さく華奢なものを使うと甘くなりすぎるのでボリュームがあったほうがいい

トップスは基本的にウェーブ向けで選んでいいみたいです。ただ、ウェーブ向けブランドのデザインは華奢で甘めなものが多い印象ですが、パーソナルカラーの印象もあるのか繊細なレースなどの細かいデザインのものより、大きめのフリルのような装飾の方が得意みたいです。 ボトムスはウェーブ向けのものを選んでもいいけど、タイトスカートなどストレート向けのものも着られる。 面白かったのが、今日着てきたオープニングセレモニーのコート(黒、カシミヤ混、ややゆったりめで膝丈、大きいポケット、大きめの襟のダブル)はナチュラルっぽいデザインだけれど色や素材感も含めてか正面から見るとなぜかしっくり。 クローゼットには変形トップスや緩くボリュームのあるズボンなどが多く、どちらかというとナチュラル向けなものが多いのですが、素材を得意なもので選んだり、またアクセサリー、スカーフなどで首元、デコルテを盛ることを意識すれば割と守備範囲広く着られるみたいです。お得感ある。

理想と現実

パーソナルカラーのプロによる診断について、気になってはいたもののずっと怖くて行けませんでした。 というのも私は自分に対する理想を強く明確に抱いており、その理想を体現するためにはどんな手段も辞さないとすら思っているからです。それは時折客観的に見れば迷信的とすら言えるかもしれませんが、そうである可能性については一応自覚しているつもりです。 厳格な理想を体現するために、眉毛の形を整えたり、美容外科で二重まぶたにする手術を行うといった比較的簡単な手段で実現できることもあれば、肌の色や瞳の色など、変えるのが難しいか変えられない部分もあるわけです。そして、パーソナルカラーや骨格は変えられないものに入ります。変えられない部分については変えられない自己を受け入れるという手段を取るしかありません。これはつまり自己肯定です。そうです、私は自己肯定感の不足から厳格な理想を体現しようとしているので、変えられない部分を受け入れるのが大変に困難なのです。

現実問題の幸福論

人間社会では会社・家族・趣味のコミュニティなど、様々な 組織 によって機能している部分が多くありすぎます。他人と折り合いをつけてうまく組織内でやっていかないと生活上不便を被ることがあるのです。

私は上述にある厳格な理想のために、自分の装いに大変なこだわりを持っています。結果としてアッシュグレーの髪色に真っ黒の服、鬼跳ね上げアイラインという奇抜なコーディネートに行き着いています。当然、この装いをしていると

  • 何の仕事をしているのかわからない
    • 美容師?ファッション専門学校の学生?
  • 話しかけにくい
  • まともじゃなさそう

といったネガティブイメージにつながりやすいことが経験上わかっています。そしてそこを紐解くにはある程度のコミュニケーションが必要なことも。こうなると組織に属したり人と関係を構築するのに時間がかかるため、私はあまり友達が多くなく、しばらく恋人もいません。人と繋がるための要件は見た目だけが全てではないにしろ、私が第一印象である程度の足切りを受けていることは重々承知しています。そして、やはり今日のパーソナルカラー診断でもそのことについては言及されました。その装いのままだと婚活とかしようとしても不利だよね!ってことを正論でブチかまされたわけです。事実、アラサーの独身女に対する社会からの結婚圧力あるいは彼氏作れ圧力半端ねぇからな。てか人間のつながりって友人関係でも同僚関係でもそんな簡単にいくものじゃないのにある意味究極な結婚・家族関係についての圧力がこの数年で急にめちゃくちゃかかってくるの、ヘビーすぎない?実際これから先20年後には独り身の中年が街には溢れそれに適した社会システムが構築されているのかもしれないけど、今はまだそうじゃないから、リスクに備えないといけないっていうのはわかるが。自分の場合金は貯めているが、社会的な繋がりの部分は弱い。そこを突かれると本当に不安になる。

折り合い

理想を体現するために全人生を掛けるつもりで突っ走ってたのに、客観的にその理想体現しても、生きにくいままなのでは?って諭された気持ちなわけです。ただ、どっちを選べば幸せになるのかなんてことは誰にもわからないし、私が思う最強はタイトルの通りです。

アピールタイム

私は

  • 犯罪歴はありません
  • Web アプリケーションエンジニアという技術職で正社員です
  • 国立大学の工学修士を持っています
  • 実家に住んでいますが、料理以外の家事は一通りこなせます
    • 料理は2018年身につけたい技術ランキングNo1にはいっていますので許してください
  • 酒、タバコ、ドラッグ、ギャンブルしません

っていうのを呼吸するように積極的にアピールしていかないと人々に誤解されたまま過ごすことになるんだなあ、まじかよ、めっちゃめんどい、もうフェミニンな格好しようかな

今年買った日焼け止めまとめ

前提として、私は元々肌が強く、アルコール類にかぶれず、アレルギーもありません。以下のまとめは私の独断と偏見に満ちた感想文程度に捉えて頂けますと幸いです。

日焼け止め、例年顔にも体にも金のアネッサ一本で過ごしてきたんですけど、今年は地元のドラッグストアで売り切れてることが多かったため、他の日焼け止めをいくつか試してみました。結論、下手に冒険するならアネッサ買っておいたほうがいいとは思ったんですが、探せばもっといいのありそうだとか、使い分けたほうがいいかな、という知見は得られました。これ以降アフィリンクしかないです。嫌いな方は戻って下さい。

身体用

ANESSA パーフェクトUV アクアブースター(金のアネッサ)

アネッサ パーフェクトUV アクアブースター (SPF50+・PA++++) 60mL

アネッサ パーフェクトUV アクアブースター (SPF50+・PA++++) 60mL

SPF50+ PA++++

  • 落ちにくさ:★★★★★
  • たつき:★★☆☆☆
  • のび:★★★☆☆

何より落ちにくさという観点で言えばこの製品に勝るものはないだろう。王者。執拗な塗り直しを気にしなくてもいいし、何よりこれ使ってたときが一番焼けなかったという感覚がある。(感覚ですいません)身体用でとにかく絶対焼けたくない、且つ肌が強い自分的にはマイベスト。ただしクレンジングはしっかりやろうね。顔に塗るのは落ちにくさ故に毛穴詰まりしやすくて正直微妙なんですが、念入りに保湿してからこれ、テカリを抑える系の下地を塗るって感じでやってますね。そしてクレンジングは念入りに……

ALLIE エクストラUVジェル ミネラルモイスト

SPF50+ PA++++

  • 落ちにくさ:★★☆☆☆
  • たつき:★☆☆☆☆
  • のび:★★★★☆

ジェル状でべたつきはあまりないどころか、成分トップ2に来るエタノールのせいか?塗ったあとすぐ乾く。このような使用感を売りにしてるっぽいが、すぐ乾く(さらさらする)のはエタノールの揮発なので時間が経つとカサつく。あとジェル状は塗れてるのかわからずついついたくさん出しちゃうので減りが早いし、なんか乳液タイプより焼けてる気がするんだ……。コスパ良くない……リピはなしだな……

ディアパーフェクト プレミアムUVエッセンスミルク

SPF50 PA++++

  • 落ちにくさ:★★★☆☆
  • たつき:★★★★★
  • のび:★★☆☆☆

地元のドラッグストア(ココカラファイン系列)で推されてた、紫外線吸収剤不使用というのが売りのもの。まあひどくべたつく。のびもあまり良くない。白いクリーム状で、薄く均一に伸ばさないと白浮きする。時間がたっても乾燥する感じなどはないのが救いか、その分べたつくんだけどな……。そこそこいい値段(¥1800)したんですがこの価格帯ならもっといいのある。リピはなし。

アテニア UV プロテクトジェル

www.attenir.co.jp

SPF50+ PA++++

  • 落ちにくさ:★★☆☆☆
  • たつき:★★★☆☆
  • のび:★★★★★

ジェルとクリームの中間くらいで、伸び、肌なじみが良く、時間が経っても乾燥しなかった。全身に手で塗ると手がちょいとべたつくけど、使用感は良い方だと思います。アリーとこれとジェルタイプの日焼け止め2本使って思ったけど、ついてる気がしなくて大量使いしてしまうし、落ちやすいし、なんか焼けやすい気がするので、ジェルタイプは外に出ないとき用なら有りかな。ただ乾燥しない分アリーよりはこっちのほうが断然好きです。アテニアのジェルじゃない方(ボディプロテクター UV50)は全然落ちないという評判なので次使ってみたいと思ったけど、アテニアの日焼け止めは夏季限定……。通年販売してくれ!

エテュセ ハーバル UV ジェリー

エテュセ ハーバルUVジェリー 70g SPF50+/PA++++

エテュセ ハーバルUVジェリー 70g SPF50+/PA++++

SPF50+ PA++++

  • 落ちにくさ:★★☆☆☆
  • たつき:★★★★☆
  • のび:★★★☆☆

エテュセ農場で栽培してる植物エキス配合、あと紫外線吸収剤入ってるけどコーティングされててお肌に優しいみたいな感じの売り。あとジェリーという商品名ですがどちらかというとクリームですね。結構重い使用感。あと気になったのがちょっとでも多く塗るとモロモロが出る。肌への負担は少なそうだしいい匂いがするし、値段の割にはそこそこいいのでは?と思うけどモロモロが出るのはちょっとな……。これもアテニアのジェルみたいに外に出ないときに使うのがいいのではないだろうか。通年販売しているという点はアドバンテージ。

顔用

一個しかないんですけどね……

アスタリフトホワイト パーフェクトUVクリアソリューション

SPF50+ PA++++

  • 落ちにくさ:★★☆☆☆
  • たつき:★☆☆☆☆
  • のび:★★★★★

日焼け止め兼化粧下地として顔用に使っています。すごく緩い乳液状で日焼け止めっぽいオイリーさはほぼなし。薄いピンク色で、顔全体に塗ると肌色をワントーンアップさせてくれる(not白浮き)という補正効果もあり、下地として GOOD。ただこれだけだと普通にテカるので、これの上からエテュセのポイント下地塗って油分調整してます。下地として気に入ってるし年中使いたいのでリピすると思うけど、アネッサほどの落ちにくさはないので夏場で化粧崩れ激しいシチュエーションだとこれ一本ではちょっと不安。

スプレータイプ

スプレータイプはこの2つしか使ってないから全然比較ができない……

ラ・ロッシュ・ポセ UVイデア XL プロテクションミスト

www.laroche-posay.jp

SPF50 PA++++

  • 落ちにくさ:★★☆☆☆
  • たつき:★☆☆☆☆
  • のび:★☆☆☆☆

この基準、スプレーに適応すんのむずいな。敏感肌向けでお馴染みの同ブランドの日焼け止め。頭皮・髪用として使ってます。顔の塗り直しにも使えるっぽい。同じ箇所に連続してスプレーするとちょっと白くなるけど手で馴染ませればすぐ透明になります。あとちょっと独特な香り付けがされてて、好き嫌いが分かれそう。私は嫌いではないが顔にスプレーしたらちょっと気になりそうだな、くらいの距離感です。正直エテュセハーバルUVジェリー日焼け止めの匂いより好き。逆さにして使えないところ、スプレーの押すところがちょっと硬いのが難……

アテニア UV プロテクトスプレー

www.attenir.co.jp

SPF50+ PA++++

  • 落ちにくさ:★★☆☆☆
  • たつき:★☆☆☆☆
  • のび:★☆☆☆☆

無臭で逆さにしても使える点はラ・ロッシュ・ポゼのよりいいですね。スプレーの圧が割と強めで広がるように噴射されるので均一に塗りやすいです。白くもならない。でもスプレー時エタノールの揮発でスーッとします。敏感肌及びエタノールとかアルコール類で被れやすい方にはあまりおすすめできない。ブリーチ毛や顔にスプレーするのは躊躇うね……

番外編 飲む日焼け止め

ヘリオケア ウルトラd

元祖飲む日焼け止めですね。結構お高いので一日外にいる用事があるときのみ、外出30分前に飲んでました。これと併せて日焼け止めも塗るんすけどね……まあ頭皮とか日焼け止めを塗りにくい部分のことを執拗に気にしなくてもまあいいかなという気持ちになります。ただ効果は4時間ほどだそうなので飲みなおし必須。

シェードファクター

ヘリオケアと大体同じ使い方ですがちょっと安いです。ただ1回2錠です。あとレッドオレンジコンプレックスという成分が入ってるのは違うかな。抗酸化(この表現、使って良いんだっけ……?)系の成分ですね。iHerb で売ってます。

PABA

パラアミノ安息香酸です。ヘリオケアやシェードファクターのようにその日のうちに効果があるものではないのですが、毎日飲み続けることで紫外線に強くなるらしいです。 iHerb で100粒700円くらいで売ってるのでヘリオケアやシェードファクターより断然安いです。でも、3ヶ月以上飲み続けないと効果がないそうです……。5月くらいから飲み始めたのでそろそろ効果があってもいいはずなんですけど、ときどき飲み忘れたりしてるので、効果あるんでしょうか……まあ、安いし腸にもいいとのことなので続けようかと思います。

次に試したいものたち

  • アテニア ボディプロテクターUV50
  • アテニア 陽断 UV50 フェイスプロテクトクリーム
  • 資生堂 パーフェクトUVプロテクション
  • ラ・ロッシュ・ポゼ UVイデア XL
  • d プログラム アレルバリアエッセンス

他にもアネッサ銀の「薬用美白エッセンスフェイシャルUV AB」もトラネキサム酸入ってて気になってたんだけど自主回収してるから除外しました……。

歯列矯正の途中経過

歯列矯正を始めた当時、経過をちゃんと記録しておこうと思っていたのに、2回目の調整日のときに既に写真を撮り忘れているので、全くだめだということがわかります。薄々わかってたんですけどアーカイブとして写真を撮って記録するっていうのが苦手なんですよ。小学生の頃韓国に行ったのにインスタントカメラをほとんど使わず、最終日に慌ててその日に行ったサッカーの試合の写真だけめっちゃ撮って、帰国して現像したら母に「あんた韓国でサッカー以外に何見たの?」って言われたという思い出(?)があります。 instagram でその日のご飯とか #ootd みたいなことやってる人とかすごい

一応1ヶ月半のときの文章が下書きフォルダに残っていたので載せます

歯列矯正 始めて1ヶ月半

6月3日に器具を装着してから1ヶ月半が経った。私の装備は、上顎にホールディングアーチとブラケット。ホールディングアーチは左右6番にバンドを付け、それから伸びているといった形だ。下顎はブラケットのみ。一応下顎も6番にはバンドがついてはいるが、上顎のようにホールディングアーチのようなものがついているわけではなく、普通にブラケットがくっついているバンド(?)だけ。

歯の動きはどうかというと、上顎前歯の重なりは完全に取れ、むしろ右も左も1番と2番の間に隙間ができてきている。ガタガタがひどかった下顎の前歯も最初に比べるとかなり改善されてきている。特に、半分以上重なっていた下顎右2番、3番がきちんと離れ、並んできている。この下顎右2番がいつも唇の裏側を刺激し口内炎を作っていたので嬉しい。

一番の難所であるヘッドギアの着用だが、結局慣れるまで2〜3週間かかった。今は頭痛もなく着用できている。が、着用時間は基本就寝時のみ、休みの日で予定がないときくらいなのにで1日平均7.5〜8時間くらい。1日14時間はマジ無理。一体いつまでやるのか……

日常生活的なことでは、滑舌問題は大分改善されてきている。ただ一定以上大きな声を出そうとするとしゃべりにくいとか、歌ったりはまだちょっと難しい感じ(来月レコーディングの予定だけどコーラスとか大丈夫なのか……)。食事、食べにくいものあるものの大体なんでも食べられるようになってきた。食べにくいものの代表としては、葉っぱ系の野菜(尋常じゃなく絡まる)、骨付きの肉とかかぶりつくもの(ほぼ無理)、春雨など弾力のある細い麺(尋常じゃなく絡まる)、でかいせんべい、とかですね。まあこの辺の食べ物がつらいのは矯正あるあるでしょう。最初はナッツとかもつらかったけど、何食べてもある程度器具に絡まるし歯磨きのときに取ればいいや、と諦めるようになってからは大体気にならなくなった。歯磨きの手際も大分良くなってきたし。

歯列矯正 3回目の調整日を終えて(約3ヶ月)

2回目の調整日のときに下顎のブラケット全部にワイヤーが通ったのだけれど、その次の日にはガタガタがほとんど取れるくらいには動いていた。ワイヤーのちからすごい。その日から下顎のヘッドギアはなしになって、上顎だけになった。上下ともにヘッドギアだと口が閉じられず、朝起きたときに喉が痛かったりよだれが垂れていたりしてつらかったのでこれは嬉しかった。ヘッドギアもあまりつらくなくなってきた。喋るのも大分ましになった。(大きな声で喋ったり歌ったりするのは相変わらずつらいんだけど)

水曜日に3回目の調整に行った。上顎は前回と同じ太さのワイヤーで、ヘッドギアは継続。2番と3番の間に隙間が空いてきていて、先生にもヘッドギアの効果は出ているので、このまま継続してくださいねと言われる。下顎はワイヤーの太さが1段階上がって、相変わらずヘッドギアなし。下顎のヘッドギアはいつか再開するのだろうか……。

歯列矯正は痛いよ、と経験者皆に脅されまくっていたので痛みについてすごく構えていたのだけど、私の場合今までに強い痛みを感じたことはなく、調整日直後は前歯で噛むのはちょっとつらいけど、痛いほどではなく、普通に過ごせる。なんかジワジワしてる感じはあるけど、それもときどきで、気になるほどではない。でもちゃんと歯は動いている。先生のおかげなのかな?すごいな〜

下顎のガタガタがすごく改善された。上顎前歯も斜めになっていたのだけどそれもまっすぐになってきた。あと、写真を撮るときに思ったけど歯を見せるのが難しくなった。口を大きく開けて、唇を巻いて、口角を思いっきり上げないと歯が見えない。元々あまり歯がたくさん見えるタイプではなかったんだけどさらに見えなくなった……

歯の経過写真、あまり見栄えするものじゃないのだけれど一応載せておきます

f:id:tttttahiti:20170826134141j:plain

1回目の調整までで上顎のガタガタが取れてきて、2回目の調整(写真ないけど)で下顎のガタガタも取れてきて、3回目の調整では上顎の歯がまっすぐになってきて、下顎もより揃ってきたってかんじ。

あと最近顔が痩せたって言われることがある。実際はもっともっとフェイスラインすっきりしてほしいから輪郭注射も打ちたいと思っているんだけど、様子見してる。あと、口元も引っ込むことを期待してるんだけどまだ抜歯跡が埋まってないから全然引っ込んでないですねー。はよ E ラインほしい

求めることはまだまだいっぱいあるんですけど笑ったときにひどくガタガタな下顎前歯が見えてたのがなくなったのでこの時点で既に良かったと思っています、今後もがんばります

歯列矯正はじめました

親知らずが横から生えてきて歯並びがグチャグチャになって以来、いつか絶対歯列矯正をするぞと思っていた。社会人になってからはそのために自動積立でお金を貯め続けてきた。資金も十分に貯まってきたので2017年はじめに歯列矯正をすることを決意した。

2月中旬に地元の歯列矯正専門医にてカウンセリングを受け、3〜4月は検査と方針の説明、5月は第一小臼歯を上下左右4本の抜歯を受け、ついに昨日ブラケットとホールディングアーチを装着したのであった。(写真はグロいのでないよ)器具は頬の内側、舌の内側を刺激するし、とにかく喋りにくい。食事をしようとしても、器具が当たって奥歯が噛み合わないし、前歯で噛もうとすると痛むし、歯磨きすればあっちこっちに食べかすが詰まっている……。幸い平常時の痛みはまださほどないが、何らかの拍子で刺激でも加わればジーンと痛むので油断は出来ない。何より一番つらいのはヘッドギアを1日14時間付けることを強いられていることだ。基本的に家にいるとき、就寝時などに付けて下さいと言われたが、1日14時間以上家にいることは稀。特に平日は一日9時間は会社に拘束され、片道1時間半の通勤時間もある。しかし、ヘッドギアをサボると矯正期間が長引くらしい。明日から会社でもヘッドギアをするしかない。見た目がかなり SF チックなのでマスクと帽子で隠さないとインパクトがすごい。というか下手に下を向いているとよだれも垂れやすいのでマスクは必須。あと頬骨のところに当たって痛い。全体的にすごーく辛い。でもキレイな歯並びのためにがんばろうと思う。というかがんばるぞという表明でもして気合を入れていないと心が折れそう。が、がんばります……

NY の地下鉄で会った人と企画をする

修士一年のとき、学校の研修で NY に行く機会があった。内容は地域復興についてのプロジェクトで、自分の大学の他にアメリカやイギリスの大学の学生も一緒に取り組むというもの。内容はともかく、大学の金で NY に行けるというならやるしかない。あとなんか就活でアピールできそう。そんな気持ちで軽率に応募したら、地獄の研修が始まった。

研修は予想以上にハードで、NY に行く前から毎日研修グループで集まり事前調査やアイデア出しなどのワークをする必要があった。毎日朝早くから夜遅くまで研修研修で、すっかり研修畜に成り果てていた。でも、これが終わったら NY に行ける。そう思うとそれまでは頑張ろうと思えた。 NY での研修期間は2週間。そのうち1週間は現地の学生とワークして、残りの1週間は自由に使っていいとのこと。1週間、何しよう。そうだ、高校で留学したときのホストファミリーに会いに行こう。Urban Outfitters で買い物もしたいし、ブロードウェイのミュージカルも見たい。あー楽しみだな、乗り切らなきゃな、という気持ちでいっぱいだった。

そんなこんなの楽しみいっぱいで NY への渡航時期がやってきた。自分だけ別行動してたらぼったくりタクシーに乗ってしまい$200とられるなどしたけれど、それ以外は無事で、現地での研修も着々とこなし、やっと自由に使っていい期間が来た。私は2日ほど NY を離れ、ノースカロライナ州に住んでいるホストファミリーに会いに行っていた。その帰りの日に、研修グループのメンバーから「地下鉄で話しかけられた人と友達になった、その人の会社に遊びに行くから戻ってきたら教えて」とかいうメッセージが届く。唐突な文脈で正直よくわかっていなかったが、面白そうなので「私も一緒に行かせて」と返事しておいた。ちなみに、その地下鉄で話しかけてきた人というのがジェフだ。

結局会社訪問には間に合わなかったけれど、その後一緒に夜ご飯を食べるというので混ぜてもらった。ジェフは日本語ペラペラの金髪のロングヘアーの男。色々話を聞いていると、なんとブレイクコア的な音楽をやっているとのこと。そもそも私は学部時代の大半をブレイクコアに費やしていたのですっかり意気投合。それからは NY の研修が終わったあとでも、年1,2くらいで連絡を取り続けている。去年彼は日本人の奥さんと結婚し、私も彼の挙式に行ったりと、ちょうどよく keep in touch している。

去年、「君のバンドと対バンしたい。今度日本に行くときに企画やってよ」と言われ、そのときは冗談かな〜、と適当に受け流していたが、2月頃になって「4月末から1ヶ月日本に行くから企画よろしく」と連絡が来る。あ、あれマジだったんだな、という思いはありつつも、女に二言はありませんからね。急いで企画を計画し始めたのでした。

f:id:tttttahiti:20170429215145j:plain

そういう経緯で今回の企画は立ち上がりました。実際聴いてみるとわかると思うけど、ジェフのやってる Lance Blisters と私のやってるサイコ風呂敷は大分方向性が違う。どうしようかな、とメンバーに相談したり、色々悩んだりもしたけれど、これしかない!というメンツが揃ったと思う。パーティ名も色々悩んだんだけど、私もジェフも IT 系のエンジニアということで、 IT で馴染みの深い単語を起用することにした。サードパーティっていうのは第三者ってことで、サードパーティ製のアプリっていうと、例えば Apple が提供してない iOS のアプリみたいな意味になるんですけど、それってつまりオルタナティブなのでは?!?!?と。しかも THREE でやるときた。このパーティ名めっちゃ良くない?

何より NY の地下鉄で話しかけられた(厳密に言うと NY の地下鉄で話しかけられた人経由で知り合った)人と企画するなんて、私が初めてなんじゃないかと思う。なんにせよ言いたいのは出会ったきっかけとかは関係なく、縁があってこうなってる。縁、めっちゃすごい。こんな機会滅多にない、みんな、「縁」を感じに、5/5は下北沢 THREE に来てくれ!!!!

シアトル旅行記

本当はイギリスの Bangface に行くつもりだった。でも、仕事を休めるかの確認を取るのが遅くなってしまい諦めた。どうせなら別の場所にでも行けたらいいんだけど、とぼんやり思いながらいつもどおり過ごしていたら、丁度良く BLEEP BLOOP がツアーやってて、その中でも一番自分好みのやつが休もうと思ってた期間にある、というので行き先を決めた。それだからシアトルに行った。

学生時代は海外旅行は今しか行けないからできるだけ行ったほうがいいよ、とかそんなことをよく脅されていたように記憶しているが、私は幸い仕事の状況さえ合えば休みを取ることに寛容な環境にいるらしい。当時は脅しに従って、少ないお金を工面しながらも何度か格安ツアーに参加していたが(それも倒産に伴うトラブルで連日報道続きの「てるみくらぶ」で)、そのような雑でリスクの高いツアーに参加するより、自分の都合を最大限に利かせて旅程を組み立てられる社会人の旅は良いものだと思った。人のいうことはあまり当てにしすぎないほうがいい、どんなことでもやりたかったらやれる方法を自分で探せば達成できる可能性はあるという事例だ。

前後の予定や航空券の代金などを考慮していった結果、滞在できたのは三泊四日、それも丸々使えるのは2日だけになってしまったが、結果濃厚な旅行経験になったと思う。これ以降、それぞれ滞在の要素を記していきたい。

f:id:tttttahiti:20170331175601j:plain

羽田空港でのおれ

初めての Airbnb

シアトルのダウンタウンあたりでホテルを取ろうと思っていたが、思っていたより高かったので、 Airbnb を使ってみることにした。 空港とダウンタウンの真ん中くらいのエリアで、LINK(シアトル空港から University of Washington を繋ぐ電車)の駅から徒歩5分の距離の場所にある宿を取った。 Airbnb 自体初めてだしホストとうまくやれるか不安だったが、ホスト(正確にはホストのボーイフレンド)が過去に日本に留学していたことがあったようで、日本の話で盛り上がった。そこで信頼を勝ち取ったという自信はある。滞在2日目の朝は車でダウンタウンまで送ってもらったり、シアトルのおすすめスポットや観光に便利なルートを教えてもらえて結果とても良かった。1人旅だとあまり人とコミュニケーション取ること少なくなりがちだと思っていたけど、 Airbnb だとそういった懸念は解消されやすいなと思った。もちろんホストによると思いますが。

f:id:tttttahiti:20170320214012j:plain

Airbnb でとった部屋

Pike Place Market

1日目の観光の始まりは Pike Place Market から始めてみた。

f:id:tttttahiti:20170321112431j:plain

f:id:tttttahiti:20170321112315j:plain

f:id:tttttahiti:20170321112221j:plain

こういう市場がありーの、地下に潜ると

f:id:tttttahiti:20170321113636j:plain

等身大ダリルパネルが売っていたり(アナログゲームやキャラクターグッズを扱う店で売ってた)

f:id:tttttahiti:20170321114822j:plain

ヴィンテージ広告屋さんなど、バラエティに飛んだ小店がたくさんあり、いくらでもいられてしまう可能性があったので適宜切り上げた。(ヴィンテージ広告屋は結構危なかった。マリファナの広告とか買いそうになってた)

ここにはあのスターバックスコーヒーの第一号店があるらしく、そこにも行ってみた。

f:id:tttttahiti:20170321121932j:plain

限定の一号店限定グッズが売っていて、並んでいる人らはほぼ全員それ目当て。コーヒー飲んでも普通のいつものスタバの味でしかないらしく飲まなかった。残念ながら私も並んで限定グッズを買ってしまいました……。

Shopping, Shopping, Shopping

その後はダウンタウンに移動し破産する覚悟で(比喩だよ)散財してきました。私の大大大大大大好きな Sephora や Urban Outfitters は日本にはありませんからね。 Sephora では Urban Decay の NAKED SMOKEY アイシャドウパレットとか、KatVonD のマットリップとか、 Kevin Aucoin のハイライターとか……とにかくいっぱい買ってきました。買ったもののレビューは別記事にしようと思います。あと Nordstrom という日本でいう伊勢丹みたいなデパートにも行ったけど、数時間うろついて結果何も買わなかった。ただしホームレスが Nordstrom の前で寝てるの見ると日本と同じだって思えてよかったっす。服飾品以外では Whole Foods Market に行って、ちょっといい感じのお菓子系のお土産や朝ごはんを買った。WALMART なんかも好きだけど、今回はそこに費やしてる時間はなかった。

Space Needle, Chihuly Garden and Glass, MoPOP

1日目は Pike Place Market とダウンタウンのショッピングで潰れたので、2日目はスペースニードルとか、シアトルの観光地っぽいところ行くぞ!と決めてルートを組んだ。ダウンタウンまで LINK で行って、モノレールでスペースニードルへ。最初は MoPOP (Museum of Pop Culture) に行った。行ったあとに思ったけど自分そんなにポップカルチャーよくわからないんだった。著名なアーティストの衣装とかが飾られていて、好きな人は好きだろうなという感じ。疲れてロビーで30分くらい寝てしまった。

f:id:tttttahiti:20170322141736j:plain

大量の Squire がくっついたオブジェ

f:id:tttttahiti:20170322141546j:plain

リッケンバッカー大好き芸人なので

その後は Chihuly Garden and Glass に行った。ガラス工芸は綺麗だったし、スペースニードルも合わせて見られる庭園もあって、フォトスポットだったなという感想。疲れていて良い写真も撮れてなければ感想も思い浮かばない……。

f:id:tttttahiti:20170322160617j:plain

スペースニードルとガラス工芸

ZIPSIM

そういえば、今回の旅ではプリペイド SIM を買っていって、現地ではそれをメインに通信していた。今まではずっと Softbank 版の iPhone を使っていたので Wi-Fi レンタルをすることが多かったんだけど、今持っているのは iPhone SE の SIM フリー版。それなら安くて、現地の番号も貰えて、紛失のリスクもないプリペイド SIM を使ったほうが絶対得、ということで ZIPSIM を予め買って持っていったのだった。

アフィリンクだぞ!

使い方は実に簡単で、 SIM を入れて、 APN を設定して、再起動すればもう LTE 通信できる。というわけで調子に乗った私はなんでもかんでも instagramトーリーに上げまくり、2日目の晩御飯中に 1GB の通信容量を使い切ってしまった。……これから STYLSS Takeover に遊びに行くというのに? Map のオフライン設定もしてないから場所すらわからない。つか帰りは UBER 呼ぼうと思ってたけどそれも出来ないってことか?これ見にシアトル来たようなもんなのに、まさか今諦めて宿に戻るしかない?……などなどの不安要素がいっぺんに襲ってきた。

f:id:tttttahiti:20170322185933j:plain

その時食べていたチーズケーキ。一人旅で通信出来ないという恐怖のあまり飯が喉を通らず、少し残してしまった。

とりあえず Free Wi-Fi を掴めるところで、追加容量を購入しようという計画に出た。The Cheesecake Factory を出て目の前にある Visit Seattle とかなんとかいう観光案内所に駆け込み、 Free Wi-Fi を掴む。無事 ZIPSIM のサイトにアクセスし、追加容量を購入しこれで一安心……と思ったところ、 SIM ID を要求される。しかし、 SIM を取り出すためのピンは持ち合わせてない。どっか近くでピン売ってるところないか、と思い、近くの T-mobile に移動。すると、店員が私の焦り様を見て「ピンくらいなら貸すよ!」と助けてくれた。無事 SIM ID を入手し、追加容量も購入出来まして、店員に感謝を伝え、その後めちゃくちゃ通信した。

STYLSS Takeover in Q Nightclub

さて、ここまでで大分疲れてしまいましたが今回の旅はこれ目当てです。 STYLSS Takeover in Q Nightclub!無事追加通信容量も手に入れたことですので Google Map を頼りに Nordstrom から徒歩で Capitol Hill 方面へ。

f:id:tttttahiti:20170322204954j:plain

電柱がフライヤーで埋め尽くされてるの最高すぎる

オープンまであと5分程度というところで Q Nightclub に着いたので近場で待ってたら、小汚いおっちゃんが近づいてきて何かメモを取り出して話しかけてきたので即座に「No」と言って、セキュリティの人間に半ば強引に「ねえ!まだ開いてないの?!?!?!?!」と言って開けてもらった。トイレに入ったらまだ掃除中で、掃除のお兄ちゃんに「もしかして外って雨降ってる?」って聞かれて「雨降ってないよ」って言ったら「よかった〜!今日ずっと雨って聞いてたからさ〜!ずっと心配だったんだよね〜!今日楽しもうね〜!」ってめっちゃフレンドリーに接されて最高のクラブ体験の始まりだって思った。

タイムテーブルは IG88 → QUARRY → EASTGHOST → BLEEP BLOOP 。重心低めの2010年代後半っぽい TRAP が5割で、全編私好みの音しか流れなくてこんなことは中々ないだろうと。特に QUARRY が BLEEP BLOOP と共作した Ice Cold Eyes かけてて「STYLSS のイベントに来ている……」という実感が沸いてスイッチ入ってしまった。クロークに預け損ねてコートを着たままずっと踊って。

f:id:tttttahiti:20170323004500j:plain

BLEEP BLOOP!!!!

最高な時間はあっという間に過ぎ、2時ピッタリにおしまい。その後 UBER を呼んで宿に戻り、5時間後には宿を出て飛行機に乗り、弾丸旅行を終えたのでした……

あっガンジャを吸う時間はありませんでした。でも、ダウンタウンでは仄かにガンジャの匂いがしていたので受動喫煙はしていると思います……