読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さらに新しい日記

さらに新しく作られた日記

積立金額の目安を計算してみよう

これは、俺の貯金・資産形成・節約術 Advent Calendar 2016 - Adventar の12/4分の記事です。


貯金のやりかたは給料翌日引き落としの自動積立で間違いないのはわかる、しかし実際いくらに設定したらいいのか?という方向けです

貯めたい金額と目標期間が決まれば、金額(円)÷期間(月)を設定すればいい。ただし、金額を大きく設定する or 期間を短く設定する ほど毎月の積立金額は増え、下手すると生活のための資金繰りに苦難してしまう可能性があります。それでは本末転倒です。どこまでが現実的に達成可能なのかを、自分の支出と収入を細かく噛み砕いて計算してみましょう。

まず自分の手取り年収を計算します。このとき、ボーナスや残業代などの、額が不確定 な金額は抜いてください。毎月固定で貰える額が決まっているみなし残業代や、立替定期代などは入れても大丈夫です。これをAとします。

次に、年間で起こりうるでかい出費を洗い出します。どこからどこまでがでかい出費かという判断は各自に任せます。例えば、

  • 定期代: 半年に1回、10万円
  • 友人の結婚式: 4万円*2回
  • 年末の帰省: 6万
  • 夏休みの旅行: 10万
  • 新しいパソコンを買う: 20万

など、予想できる範囲のものを出来る限り洗い出し、合計した額を出します。これをBとします。

そして、大体でいいので毎月の支出額を考えます。目安なので適当でいいです。これをCとします。

最後に、(A-B)/12 した額から、Cを引きましょう。これが何も意識しなくても貯められそうな大体の額です。もし-になったら支出を過剰に見積もってる可能性があります。

例です。

手取り月収が22万円の花子さんがいます。花子さんは都内に住む Web デザイナーで、今年24歳です。 (A: 手取り年収264万)

定期券は半年で約4万円ですが、駅から少し離れたところに住んでいるので駐輪場代が別途、半年で1万円かかります。
今年は親しい友達が1人結婚するので、お祝儀に3万円と二次会で7000円、ヘアメイクをいつもの美容院に頼むと3000円の出費なので、1回4万円の出費です。(ドレスは持っているものを着まわします。)
年末に実家の青森に飛行機で帰省します。飛行機代が片道15000円、実家での出費が1万円、合計4万円かかります。
また、今年は友達と夏休みに海外旅行に行こうと計画を立てています。場所はまだ決まっていませんが、予算は10万円で、近場のアジア圏〜グアムあたりを検討中です。
花子さんがプライベートで使っているパソコンは大学1年生のときに買ったものなので、そろそろ買い換えないといけません。プライベートでもデザインソフトを使うことがあるので、少々良いスペックのものを検討しています。予算は20万円です。

ここまでで、年間で起こりうるでかい出費、 Bは48万円 になりました。

花子さんは家賃6万5千円のアパートに住んでおり、毎月の平均支出、 Cは15万6千円 くらいです。

支出の内訳は大体このくらいです。

  • 家賃: 65000円
  • 電気代: 3000円
  • ガス代: 4000円
  • 水道代: 3000円
  • 食費: 50000円
  • 携帯: 8000円
  • 医療・日用品: 3000円
  • 美容・服飾費: 10000円
  • 交際費: 10000円

というわけで、 (A-B)/12 - C = 24000 です。

花子さんはこの調子だと大体月に24000円前後の貯金、つまり年間約288000円ほど貯金ができるというかんじですね。
自動引落の積立をするとしたらちょっと余裕を見て、15000円〜20000円を設定するのが無難でしょう。
また、今回はボーナスや残業代は手取りに含めなかったので、それらが入ったら少し多めに貯金できるかもしれません。


私、一人暮らししたことないので、「一人暮らし 電気代 平均」とかで検索して出てきた額を花子さんの出費にしたんですけど、なんかもし変なところあれば気軽に指摘してください。
また、今後節約術とかも織り交ぜる予定ですが、こういう一人暮らししないと掴めなさそうな支出については一切言及しない予定です。
実家住まいの独身 OL の戯言なんで……